日本でも話題のスウェーデンのお茶文化「Fika」。Fikaは単なるティータイムでもコーヒーブレイクでもない!?

スウェーデンには「Fika」というお茶文化がある。
甘いお菓子と一緒にコーヒーを飲むことだけど、
単なるティータイムやコーヒーブレイクとは違う。
そこには必ず「人とのコミュニケーション」が存在する。

Fikaは人と人をつなぐコミュニケーションツール

スウェーデン人は家族や友人など親しい人たちはもちろん、親しくなりたい人もFikaに誘う。
一緒に甘いお菓子を食べながらコーヒーを飲むことで自然とリラックスでき、容易に打ち解けられることを知っているからだ。

つまり、Fikaとは、人と人をつなぐツールなのだ。

誰かの家を尋ねれば、必ず「Ska vi fika?」と誘われ、手作りのお菓子でFikaがはじまる。
友人に会いに行くときは「今日は◯◯とFikaしてくる」と家族に伝える。

Fikaの充実が会社を選ぶ基準になるスウェーデン

ほとんどの会社には「Fikaルーム」があり、コーヒーと甘いお菓子やフルーツが常備されていて、午前と午後の2回、仕事の手を休めてFikaルームに集まるのは当たり前。

「Fikaがない会社なんて信じられない」と会社を選ぶ基準になるほど、スウェーデン人にとってFikaは重要であり、日常に欠かせない習慣なのだ。

オフィスのFikaルームで、街中のカフェで、屋外で、家で、
人が集まれば、どこでもFikaがはじまる。

フリーランスになって実感したFikaの重要性

私自身、フリーランスになってからそれを実感している。
7坪ハウスで打ち合わせをするときは、必ずFikaミーティングをする。
お菓子を食べ、コーヒーや紅茶を飲みながらの打ち合わせだ。

リラックスできるからか、
仕事とは関係のない話で盛り上がってしまうこともたびたびあるけど、
それもまたFikaのよいところ。
仕事だけではなく、自然と相手のパーソナリティーに触れることができる。

7坪ハウスでの打ち合わせが増えてから、仕事相手との距離感が縮まった気がする。

お菓子を食べながら、和気あいあいとミーティング。
なるべく手作りお菓子でのおもてなしを心がけている。

  * * *

もっと詳しく、スウェーデンのお茶文化・Fikaを知りたいという方は、
↓こちらの本をご覧ください^^