9月9日は「サンドイッチケーキ (smörgåstårta/スモルゴストータ)でFika」でした。

9月9日は「サンドイッチケーキ (smörgåstårta/スモルゴストータ)でFika」でした。
開催日: 2019年9月9日カテゴリー:

台風の影響で交通機関が動いていなかったり、大幅に遅延する中、ワークショップにご参加くださったみなさん、ありがとうございました!

丸型のサンドイッチケーキを作るときのコツ

予定より1時間30分遅れで始まったワークショップ。
今年最後になるであろう講師の見瀬さんよる夏のスウェーデンのお話と、みなさんの海外旅行のお話で盛り上がりました。

サンドイッチケーキ作りは、まずは見瀬さんの丸型のデモンストレーションから。
丸型はちょっと無駄な部分が出てしまうけど、ホールケーキみたいでかわいいのでおすすめ。

扇型にカットした4枚のパンを組み合わせて、丸型の土台を作ります。
3種類のフィリングを間に挟みながらパンを4段に重ねていくのですが、重ねる際には切れ目をずらしながら積み上げていきましょう。そうすることで、崩れにくくなります。

間に挟むフィリングはエビやサーモン、レバーパテなど。
レバーパテから作るのは面倒という方におすすめなのが、そのまま食べてもおいしい、こちらのイベリコ豚レバーパテ。コスパが高いのでおすすめです。
サンドイッチケーキでは、このレバーパテにピクルスのみじん切りやゆで卵、サワークリームなどを加えてフィリングを作りました。

コーレン イベリコ豚レバーパテ 156g

価格:388円
(2019/9/16 09:30時点)

迷いなくデコレーションを進めるみなさんに感心

サンドイッチケーキのワークショップは、今回で3回目ですが、みなさんそれほど迷うことなく、サクサクと飾り付けをされて、しかも個性的できれいに仕上がることに、いつも感心してしまいます。

とくに今回のワークショップは、完成するまでの時間が最短でした^^ しかもサーモンやハムで作ったバラが美しい!
お疲れさまでした。

見瀬さんおすすめのスウェーデンのカフェ②

見瀬さんおすすめのスウェーデンのカフェをご紹介します。

1928年創業の老舗カフェ「Vete-Katten/ヴェーテ・カッテン」。
当時はまだ珍しかった女性オーナーが作ったカフェで、当初は従業員もすべて女性だったそう。
Vete-Kattenをはじめ、昔ながらのカフェのほとんどは、お店の一角にカップ&ソーサーとコーヒーがおかれていて、お代わり自由なシステム。ゆっくりとFikaしたいときにおすすめのカフェです。

  * * *

■ワークショップの詳細

日時2019年9月9日(月)11:00~14:00
講師見瀬理恵子さん
参加費5,000円(当日、現金でのお支払いになります)
持ち物エプロン、筆記用具
場所7坪ハウス/北欧雑貨の店 Fika
東京都豊島区長崎4-15-16(最寄駅:東長崎)
お申込みお問い合わせフォームより、以下を明記のうえご連絡ください。

■タイトル
「9/9ワークショップ」参加希望
■お問い合わせ内容
お電話番号

*キャンセルの場合は、3日前までにお願いいたします。