【スウェデン文化に触れるワークショップのお知らせ/2月22日(土)】スウェーデンの季節菓子・Semla(セムラ)をつくろう

開催日: 2020年2月22日カテゴリー:

年が明けると、スウェーデンのベーカリーやパティスリーには、「Semla(セムラ)」が並び始めます。
なぜ、この時期にセムラを食べるようになったのか? セムラを作りながら、その歴史や最近のセムラ事情のお話を聞く「スウェーデン文化に触れる」ワークショップです^^

1月〜3月限定の「春を告げる」Fika菓子

シナモンロール、ワッフル、クラッドカーカなど、Fika菓子はたくさんあるけれど、期間限定でしか食べられないものはあまりありません。
そのひとつが、「 Semla(セムラ)」。1月になると、スウェーデンのパン屋さんやケーキ屋さんには、たくさんのセムラが並びます。

一見、シュークリームのように見えますが、セムラの土台はカルダモン入りのパン。パンの中身をくり抜き(中身はペーストに混ぜます)、アーモンドペーストと生クリームを挟んだパンケーキです。
聞くだけで「カロリー高そう!」と思う人は多いと思いますが、セムラはカロリーが高いのが正解!

また本来、セムラを食べる日は決まっていましたが(2020年は2月25日)、現在では「春を告げる季節菓子」として、1月〜3月初旬頃までが「セムラシーズン」になっています。

さて、それはなぜなのでしょうか? 見瀬さんの「スウェーデン文化」のお話もお楽しみに^^

コーヒーにぴったりのセムラ。今回は土台となるパンは見瀬さんに準備いただき、ペースト作りからはじめて、お一人2個のセムラをお持ち帰りいただきます。

セムラづくり後は、見瀬さんがデモンストレーションで作ってくれたセムラと、クッキーでFikaを楽しんでください^^

  * * *

■詳細

日時2020年2月22日(土)10:30~12:30
2020年2月22日(土)13:30~15:30
内容スウェーデンの季節菓子・セムラをつくろう
講師見瀬理恵子さん

見瀬理恵子さんのInstagram
https://www.instagram.com/miserieko/
参加費5,000円(当日、現金でのお支払いになります)
持ち物エプロン、ハンドタオル、筆記用具
場所7坪ハウス/北欧雑貨の店 Fika
東京都豊島区長崎4-15-16(最寄駅:西武池袋線・東長崎)
お申込みお問い合わせフォームより、以下を明記のうえご連絡ください。

■タイトル
「2/22WS セムラ」参加希望
■お問い合わせ内容
ご希望のお時間
お電話番号

*キャンセルの場合は、3日前までにお願いいたします。